疲れ目や、目の乾きを訴える人が、近年は増加傾向にあります。背景には、パソコンや、スマートフォンなど、電子画面を見ることが多いことです。目を使う機会がふえた背景には、パソコンやスマートフォン、テレビなど様々な器機を、年齢や性別問わず使う人が増加しているためです。目の疲れで困っている人の中には、目薬を使用したり、サプリメントを利用して栄養成分を摂取しているケースをよく見かけます。サプリメントは、手軽に入手できるようになり、利用者も多くなっています。健康に対する意識の高さから、普段からサプリメントを摂取する方もいます。健康や、美容のために、メディアなどで話題のサプリメントを使っているけれど、期待したような効果が現れないと思っている人もいるようです。もともとサプリメントは、食品の延長線上として販売されている健康食品です。体質改善が前提にありますので、病気の治療などができるものではありません。ただし、ずっと飲んでいるのに全く効果が感じられないという場合は、そのサプリメントでいいか考えてみることです。サプリメントで目の疲れを改善したいという場合、定番はブルーベリーですが、その他にも効果が期待できるものがいくつかあります。目におすすめのサプリメントで人気となっているのが、ビルベリーの成分が配合された商品です。ビルベリーと、ブルーベリーの大きな違いは、目の疲れを回復させてくれるというアントシアニンの量です。ビルベリーからはが、3倍のアントシアニンを摂取できます。ルテインのサプリメントも、目の疲れに悩まされているという人におすすめです。ルテインは、目のまぶしさを感じる部分に作用してくれます。もしも、目の使いすぎで、ドライアイや、眼精疲労を感じやすいなら、目にいいサプリメントの活用を検討してみてください。